開店祝いに使われる胡蝶蘭

開店祝いに胡蝶蘭を贈る事が一般的と言われていますが

 

一つの理由に根付くと言われています。

 

これは一つの場所で根付き商売が繁盛するようにと

 

意味が込められたものだと言う人が多いです。

 

本来は鉢植えなら何でも良かった時代がありますが

 

胡蝶蘭にはもう一つ嬉しい意味が隠されています。

 

 

 

胡蝶蘭は花言葉で幸福がやってくるや幸福が飛んで来ると

 

世間では言われている花なのです。

 

やはり商売には縁起と云うものが必要になってくるので

 

どなたのお店でも縁起担ぎをしているところがあります。

 

また、幸せを運んで来る対象として

 

お客様からお金を頂くという行為が幸せを運ぶと伝わっています。

 

 

 

折角開店したお店ですから、幸先の良いスタートを

 

気分良く切りたいと云うオーナー様の願いも含まれています。

 

 

 

そして、胡蝶蘭は株分けが出来る品種とも言われているので

 

一号店だけでなく二号店を持てると言う意味でも

 

貴重な花として喜ばれています。

 

そういう性質も胡蝶蘭が喜ばれる理由になっているようです。

 

 

 

そして実質的には胡蝶蘭と云う品種が香りが殆どしない事です。

 

香りはイメージになってしまいますので飲食店などでは嫌います。

 

その強い香りがなければ置き場所にも困らないと云った

 

ちゃんとした訳が存在しています。

 

華やかで綺麗なイメージの胡蝶蘭でも強い香りがしてしまったら

 

お店のイメージを壊してしまします。

 

やはり無臭に近い存在だから喜ばれる事も大きな理由ではないでしょうか。

 

 

 

そして最後に花の寿命と草花としての寿命が長い事です。

 

花が続くのは好意的に受け取って頂く事が多いですが

 

草花としての寿命はお店の寿命として縁起を担がれます。

 

こういう点も愛される秘訣なのでしょうね。

 

 

 

就任祝いで胡蝶蘭を送る際の注意点

胡蝶蘭は開店祝いや就任祝いなどのお祝い事があった時に前途を祝して相手へ贈る高価な花というイメージがあります。

 

胡蝶蘭にも種類やカラーなどが色々とありますが、就任祝いで贈る場合は1本1万円として3本から5本・金額にすると3万円から5万円のホワイト・ピンク・花びらの一部が赤いタイプの蘭などを贈るのが一般的な基本相場とも言われています。社長就任祝いに胡蝶蘭を贈るときの注意事項もあわせてご覧いただくと良いです。

 

特に胡蝶蘭は金額によってボリュームなど見た目で分かりやすく大きな差が出るので、特に得意先などに贈る場合はあまりにボリュームが足りないと寂しい感じがして相手に対しても失礼だし自分の会社のイメージも印象が悪くなるので華やかで高さとボリュームのある見栄えのよい大輪を選ぶとよいと思いますし、花屋さんに注文する際に就任祝いであることや役職・立場などを伝えると木目調の御祝い立て札などを無料で立ててくれるので気になる場合はイメージサンプルを見せてくれるので相談するとよいと思いますし豪華なラッピングもしてくれます。

 

ご栄転の場合は引越し日から一週間以内、昇進・昇格による就任祝いで贈る場合は大安や友引を選ばれるとよいとされています。

 

また、自宅に胡蝶蘭を贈る場合は、あまりに大きな鉢植だと飾る場所に困るケースもあるので小ぶりな胡蝶蘭や明るい色合いの華やかなフラワーアレンジメントのほうが好まれることが多いとも言われていますし、その際にメッセージカードを付けると印象もぐっと良くなります。

更新履歴